2013年7月15日月曜日

【本日のお手合わせ】NORDOST VALHALLA 2 RCA


いきなりドアップの画像からですが、先日発売されました、
NORDOST VALHALLA 2  RCAケーブルのデモが越谷店に来ましたので
簡単なレビューを
先ずは、触った感じが以前のモデルから比べ
ケーブル自体は柔らかくなった印象です
そして外観、ウッドのスタビライザーが両端近くに装着されています。
(以前の VALHALLA には無し、最上位の ODIN には四角いものが付いています)
そこには、NORDOST, VALHALLA 2, シリアル番号、方向性の焼き印が
そして下の画像に有る様に、プラグが WBT では無く
自社オリジナルへと変更されています。



残念ながら、外からはその状態が見えないのでが、最上位モデルで使用されている
デュアル・モノフィラメントによって点接触の実質的なエア絶縁が施されています。
芯材は99.9999%無酸素銅、その表面に
85ミクロンの銀メッキを施した ものとなります。

音質はというと、一言でいうなれば、途方も無くずるいケーブルです!
というのも、HEIMDALL 2 と入替えて試聴したのですが
今までとは、別の世界が出てきてしまったからです、暫くは何がどうといった事を
考える事無く、ただただニヤけている自分が・・・
そしてしばらくしてから落ち着きを取り戻しつつ
違いを探そうとするのですが思い浮かんだものは
トップモデルの ODIN でした。
圧倒的なもしくは、絶対的ともいえる芯の強さと反応の早さ
それに対し、内に秘めた強さと奥行きの表現に磨きがかかった今回の VALHALLA 2
剛の ODIN 柔の VALHALLA 2 といったところでしょうか?

買える買えないを別にして、個人的好みは VALHALLA 2 の
しなやかな強さに一票。

0 件のコメント:

コメントを投稿