2014年3月19日水曜日

シアタールーム入替

シアタールームのプロジェクターを入替






今回は、JVCケンウッドの DLA-X500R を導入しました。
黒の表現に定評のあるもでる、早速位置の調整をし
ナチュラルモード、素の状態デモを見てみると

先ずは、 Torn Legacy 
命懸けのフリスビーのシーンから、黒っぽい衣装に埋め込まれた?
光源の模様や全体が夜のような環境とそこに浮かぶ照明なども
ハッキリと滲むことなく映し出すあたり、以前のモデルもそうでしたが
安定感があるのは、このメーカーの強みですね。

次に、色味を中心にみるのに

プラダを着た悪魔、The Fall 落下の王国

先ずはプラダから、オープニングシーンの仕事という戦場へ向かうまえの
一時の静けさとセクシーな映像、そこに合わせられた曲が好きなのですが
今回は、チャプター19の途中、家の中でのシーンから一転、外での撮影現場へ
いい意味で色味が落ち着いていて、画面全体がとっちらかることなく
馴染んでいるので安心して見ていられます。

次に、石岡瑛子さんデザインされた衣装が印象的な The Fall 落下の王国
こちらからはチャプター11建物内での式のシーンとそれに続く
処刑場の場面まで、壁面に反射する炎の色が程よい赤みで壁を照らしているので
プラダで感じたもう少し赤みを強くしてもよいと感じたのですが
都度都度、色味を変更しなくてはならなくなるので、
ズボラな自分としてはこのバランスのままで行きたいと思います。
砂漠の強い光で、白くとんでしまいがちな場面でも
きっちりと細部を描き分けているのには、だだ黒だけ深くし
コンストラストを稼いだモデルには出来ない部分なのでとても優秀なモデルと感じます。

操作面や設置性では少し大型の個体なので棚に設置する場合は、接地面の確保とともに
エアフローの確保として前後のスペースに余裕を持たせたほうが良いでしょう。
操作面では今のところこれと言った不満点は見えていないので、恐らく
何も問題はないかと。

そして、今まで使っていた三菱プロジェクターは展示品を特価にて
販売いたします。ランプ点灯時間もデモモデルとしては短い510時間となっています。

下記、三菱DLPプロジェクター展示品、販売ページへのリンクです。
http://online.nojima.co.jp/front/commodity/2/LVPHC8000Dtenji/

越谷店 K



0 件のコメント:

コメントを投稿