2014年7月9日水曜日

DSD 再生のあれこれ

ネットワークでの DSD 再生を前回取り上げましたが
今回はもっと手軽な方法を

必要な物は、
iOS端末、
Lightning to USB Camera Adapter (ライトニングからUSB Aメスのアダプター)
Hibiki ( iOS 再生アプリ)
DoP 対応 USB DAC
越谷店で動作確認の取れてた機材
LUXMAN DA-06, MARANTZ NA-8005
ifi-audio nano iDSD



LUXMAN は専用アプリが出ているので、比較的スムーズに DSD を楽しめているかと
思いますが、MARANTZ ではfoober200 の設定で躓かれてしまった方もいらっしゃるのでは
無いでしょうか?

そこで、iOS に Hibiki をインストールしカメラアダプターから
USBケーブルでリアの PC 用の B 端子へ
そして、プレイリスト選択時に上部の DoP をタップ


と簡単に DSD での再生が出来るようになるので、お試しください。
コストとしては、コネクターが¥3,132(税込) アプリが曲数が3曲の制限はありますが
お試し版の Hibiki free があります。有料版は ¥500-となり曲数の制限なしになってます。

最後になりますが、ifi-audio の nano iDSD こちらは家の中だけでは勿体無いと言った方向けの製品で
ヘッドホンアンプとして使える他、ライン出力も可能なので家に帰ってからは
据置プレーヤーとしても活躍も期待出来る製品で何と言っても3万円を切った価格が
何よりもお財布に嬉しい逸品です。


ヘッドホンアンプとしてこの激戦区の価格帯中でも
ハイレベルのコストパフォーマンスとなっていると思います。

気軽に DSD オーディオを楽しむ方法が増えてきているので
お近くにお立ち寄りの際は、試しに来て下さい。

越谷店 K







0 件のコメント:

コメントを投稿