2014年11月3日月曜日

Dolby Atmos 体験出来る様になりました


SR7007 にてアトモス再生中!!
スピーカー構成は、Bowers & Wilkins new 600 シリーズ
683S2, HTM62S2, 685S2, Fostex CW250, ONKYO SKH-410

今回、ドルビーが家庭用配置として推奨するのは5.1.2ch、5.1.4ch、7.1.2ch、7.1.4chの
4パターンとなり、サブウーファーを示す 0.1ch のさらに下に
アトモス用のスピーカーが表記されます。
越谷店の状況ではフロントにイネーブルドスピーカーを加えた5.1.2 ch での構成となります。
天井に埋め込むもしくは吊り下げた方が理想的な環境が整うのですが
新築 or リフォームの際で無いと難しいので、現状に追加する形がとれる
イネーブルドスピーカーでの体験空間を設けました。

まだアトモス対応のデモディスクがドルビーのサンプルトレーラーしか無いですが
高さ方向の表現に加え、いままでのサラウンドよりも物の動く位置がより鮮明に
表現されています。
これには、フォーマットの進化もさる事ながら、
DSP チップの性能が格段に良くなっている点も見逃せません!!
今迄のフォーマットでもその差が出てくるので、Blu-ray が普及し始めに買い替えた方は
一度最新モデルを体験してみることをお勧めします。

年内には、アトモス対応のパッケージが発売予定の様なので
年末の慌ただしくなる前に、ぜひ体験してください。

越谷店 K

*     *     *     *     *     *


『 いい音、見つけよう 』

ノジマオンライン オーディオスクェア
http://online.nojima.co.jp/front/contents/shop/2/info/

『 おかげさまで、オーディオスクェアは今年で10周年を迎えます 』






*     *     *     *     *     *


0 件のコメント:

コメントを投稿