2016年2月7日日曜日

TAOCトップモデルのイベントを終えて。

2月6日 TAOC トップモデルの提案イベントを終えて。

前半約1時間VOXOAのプレーヤーを使いイベントが始まりました。
ベルトドライブしかもフルオートのプレーヤーは、手軽で音質も良いです。


村山氏の推奨ソフト、気持ち良いサウンドを奏でながら、プレーヤーの説明をしていただきました。

続いて私の出番。
付属のソフトや、タスカムのソフトを使い、ハイレゾ化を提案。
時間内に収めるのもヒヤヒヤでした。


参加されたお客様。
TEACの再生ソフトを使用しましたが、
サンプリングの違いで、音質の差が皆さんで確認取れましたでしょうか?
SPの後ろで操作しておりましたから、ハッキリと違いがわからなかったの若干不安です。

プレーヤーの下に使用したボード
SUB-HC50Cは手軽で人気があります。
(お取り寄せにも時間がかかる場合がございます。)


後半休憩を挟み、
ラックの重要性を、多くのオーディオファンに知らしめた集大成のモデル
CSRシリーズ。
「制振と整振」感じで書くとわかりますが、制御と整える。相反するような考え方を
形にしたオーディオラックの最高峰でしょう。
橋爪氏のラックの説明と紹介するソフトは、わかりやすく納得出来る内容でした。

前回と違ったのは、音質比較がより明瞭でわかりやすかったこと、
新たに知ったことなどもありました。

中立で機器の個性をしっかり表現してくれるラックは少ないと思います。
範囲にもよりますが、自宅持ち込み試聴も考えております。
越谷市から移動できる範囲と限定になりますが、念の為ご相談願います。

今回プレゼンしてくださった橋爪氏と村山氏と私でイベントを行うのは、
10年振り位だったかもしれません。
緊張と楽しい時間はあっという間でした。  

次回は新製品、DENONの2500シリーズの試聴会となります。
お楽しみに。  以上田中でした。



0 件のコメント:

コメントを投稿