2016年11月25日金曜日

幕張店から紹介です!越谷店にも展示中のBowers & Wilkins 804D3をお買上いただきました☆





いつも越谷店のブログをご覧いただきましてまことにありがとうございます!
オーディオスクェア幕張新都心店の石井です^^*


きのうの雪はすごかったですね!
日に日に冬らしさが増す中ではありますが、皆様も体調にはくれぐれもお気を付けくださいませ。
自宅にいながら外に耳をやると、近所の子供たちが楽しそうにはしゃぎながら雪かきをしている様子でした。
ボクはまだ子供心が盛んなのか、雪が降ってくると理由もなしにわくわくしちゃいます^^
かまくらつくったり、また遊びたいものです☆


さてそれでは本題に!
11月23日、お買上げいただいたBowers & Wilkins 804D3の納品のためにお客様宅にお邪魔させていただきました!
その際の様子をこちらで紹介させていただけることになりました^^
圧倒的な存在感ですね…!




まずは箱を室内に!
これだけでも興奮しちゃいます笑
オーナー様も「まだ自分の手に入れたものって実感が沸かない笑」と動揺を隠せない様子でした。
確かに、数あるオーディオ、数あるスピーカーの中でもこうも世界を夢中にさせる存在も非常に稀ですし、そのBowers & Wilkinsの中でも現在圧倒的な台数でトップセールスを記録するこの804D3が目の前のこの箱の中で箱を開けてもらうのを待っていると思うとどきどきしちゃいます><




ついにお披露目です!!!
官能的でさえあるこの漆黒の艶感、息をのむ質感です…!!!
こだわりのお部屋と相まってインテリア性でもこれ以上ない見事なマッチングを見せていますね。
ゆくゆくはテレビを壁掛けしつつ、スピーカー後方にもエアフローを余裕をもって確保するために立てられた木の柱、これが偶然にも804D3の側面に映り込み実に芸術的な表情を見せています。
世界に名だたるドイツはPelikanのSouveran(世界に愛用者が多い万年筆の代表的モデル)を思わせる見事な縦縞。
ストライプをテーマにリフォームされたこちらのお部屋にスマートな804D3のシルエットが本当にぴったりで、違和感が無いだけでなく相乗効果でお部屋が持つ表情をより豊かに演出しています。




Bowers & Wilkins

804D3
Piano Black

メーカー希望小売価格 Pair 1,641,600円(税込)

空間を引き締める深いピアノブラックが、無音でありながらもただならぬ緊張感を放っています。
機能に裏打ちされた必要最低限のデザイン、華美にならずとも静かに主張するその面持ちは、語らずも誰もがその品質の高さを感じ取る風格を纏っているようです。
歴史や伝統を重んじる英国製ながら804D3はダイヤモンド・ツイーターのように先進的で革新的なものを取り入れるアヴァンギャルドな一面も。
そんな前衛的な一面を見せつつも、伝統ある職人技で仕立てられ綺麗に磨かれた靴、名を上げるのであればEdward Greenの靴を思わせる透明感のある黒。
英国ならではの伝統と格式、そして新しいものを柔軟に取り入れる豊かな感性がこの1台には詰まっています。
ひとつひとつが実に4週間もの時間をかけて仕上げられるキャビネットの美しさはまさにピアノの如く鋭い艶を放っています。
そんな美しい容姿を眺めているだけで、あっという間に時間が過ぎ去ってしまうほど。
お客様と一緒にしばらく見惚れてしまいました^^*
なによりお部屋が素晴らしい!!!

創業者John Bowers(ジョン・ボワーズ)とRay Wilkins(レイ・ウィルキンス)の歴史は1965年にまで遡り、今ではオーディオファイルを虜にする孤高の存在になりました。
そんな素敵な一台が我が家にとなると、それはもうただごとではありません。




この日の時点ではとりあえず音を出してみたいということで、家財がそろってからパソコンとのハイレゾ再生用にとお買い求めいただいていたmarantz HD-AMP1 メーカー希望小売価格 151,200円(税込)を接続して音出ししてみることに!
ブログを読んでくださっている皆様、ここで「それで音ちゃんと出るの…?」なんて思っていらっしゃいませんか?
これがすごいんです!!!
そもそもHD-AMP1はマランツでモノラルパワーアンプの設計が検討されている中で生まれた超絶コストパフォーマンスの高い逸品、これ1台でもすごい音を出してくれるのです^^*
「とりあえずにしては良すぎるよね^^」とオーナー様もご満悦☆
ですが、本命のアンプのご注文はいつでもOKですので!笑
店頭でもスピーカーとアンプとの価格や相性についてご相談いただく機会は多いのですが、こうもスピーカーが優秀だとこうしたコンビネーションでも上手いこと演出してくれるのにはボクも参りました…。
お部屋の防音対策もばっちりのこちらでしたら、ぜひ今後のステップアップもどんどん楽しんでいただきたいですね!

肝心の音ですが、これはもう多くを語らずとも至高のクォリティーですよ♪
以前当店でも展示をしていた804D3ですが、当時展示していたのはRose Nutカラーでこちらは艶が美しいPiano Black、価格差が大きいだけにこちらは実に引き締まったクリアなサウンド。
箱から出したてなのでもちろん硬めに感じるところはありますが、決定的な音質の欠損は感じられず、HD-AMP1の設計が非常に優秀なところも相まってこれからを期待させてくれる実に頼もしい音を聴かせてくれました。
なお、現在は同モデル同一カラーの展示品を、オーディオスクェア越谷店にて大好評展示中でございます!
越谷店の展示品は同店の常設展示品のため、お好みのお日にち・お好みのお時間でご視聴いただくことが出来ますので、どうぞお気軽にお申し付けくださいませ。

お客様とのお話の中に「最低限の機能、車で言えばただ"走る"ことに徹して、オーディオもこんなに高くってもスピーカーは"音を出す"ことしかしない。でもそんな最低限、シンプルを極めたものはそれだけで美しい」というお言葉がありましたが、まさにこのスピーカーたちに贈る最高の誉め言葉ではないでしょうか。
至高のクォリティーで音を届けるスピーカーは、さらにその先にあるアーティストの感性を実に忠実に描写してくれます。
それはまさに"プライベートコンサート"というに相応しく、楽曲を再生したその瞬間に目の前に広がる景色に心奪われること必至なのです。
そこで感じられる情熱には価格を越えたものが必ずあります。
多機能や合理性とは相反する実にシンプルなこの1台、そのシンプルさに秘められた奥ゆかしさをどうぞ今後たっぷり感じていただければと思います。
この素敵な機会にご一緒させていただけたこと、そして当店をご利用いただきましたこと、重ねてこちらでの紹介をお許しいただいたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです!!!
ありがとうございました☆
じっくりじっくり、スピーカーが気付かせてくれるその素晴らしい体験をお楽しみいただければ幸いです^^*



次回の更新もお楽しみに!
オーディオスクェア越谷店へのご来店、またもちろん幕張店へのご来店もこころよりお待ちしております^^*





Presented by
Takahiro Ishii




オーディオスクエア幕張新都心店
お電話・メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
MAIL: audio-square103@nojima.co.jp




0 件のコメント:

コメントを投稿